―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

未経験のナースにオススメの職場は?

トップページ >

ページの先頭へ

お年寄り社会が進み、

お年寄り社会が進み、福祉の現場でも未経験の看護師たるものは増大しているのです。



それに加え、大企業になると看護師のいる医務室を完備していて、健康やメンタル面のケアをしているそうです。

このような時は、その企業の一員になることもあるかもしれないでしょう。未経験の看護師は患者の人の生命に関わるような仕事をしているので、相当、神経を使うでしょう。

なのに、お世辞にも、高給とはいえない給料で根つめて働いています。
そのような看護師の仕事に対するモチベーションを向上させるために、是非とも給料を増やしてほしいと考えます。未経験の看護師という職種は、ものすごくハードです。夜の勤務も交代で務めなくてはいけませんし、病院も経営難だったりして、少人数で仕事を回すほかない状況です。

激務の影響により、ウツになってしまう方も多数存在し、辞職率も高いです。白衣の天使とはいわれるものの、実際の仕事は楽ではなさそうです。看護師の資格をもらうための国家試験は、1年に1度あります。

未経験の看護師の不足が問題となっている私たちの国にとってうれしいことに最近の未経験の看護師資格の合格する割合は90%前後と高水準を維持しております。
看護師の国家試験は、大学入学のような不合格させるための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格することができる試験です。


高校に進むときに衛生看護科に進むと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、一番早く、未経験の看護師の資格を得ることができるでしょう。

しかし、途中で違う進路を考えだしても変更するのは簡単ではありません。
さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、短い準備期間のために勉強時間や実習をする時間が足りずに合格が困難という側面もあります。


首都圏の仕事探し専門として知られているのが、未経験の看護師転職情報が満載の看護roo!でしょう。
掲載している求人数がかなり多くあり、みなさん、その情報の多さにも満足しているみたいです。

求人数がたくさんあれば、その分、転職に成功された方もたくさんいるということになります。なぜ未経験の看護師はたくさん運動するのでしょうか。事務所で仕事をしている人と並べると運動量が格段に多いでしょう。患者さんをストレッチャーや車椅子で移動させたり、未経験のナースコールがあれば、すぐ病室にダッシュしたりするからでしょう。看護専門職がよい時機にクリニックを移ろうと思うなら、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。たしかに、専門職である未経験の看護師が不足し困っているクリニックは多いのですが、できるだけ雇用契約の内容に満足出来る仕事場が見つかるよう、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、落ち着いて情報収集するのが安心です。急ぎ仕事を変えたいという事情がないようでしたら、転職情報が多くなる時まで静観することを推奨します。


看護スタッフが別な勤務先にエントリーするに

看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが志望の理由付けです。どういう訳でその勤務場を選んだのかを肯定的な雰囲気で表明するのは簡単ではありません。

給与アップ、休日が増える等のそうした好待遇にフォーカスするより、未経験のナースとしてスキルアップしたいといった、やる気を印象付ける言い方をしたほうが通過しやすいようです。

未経験の看護師の夜勤は、16時間などの長時間の勤務となっているので、勤務中でも仮眠をとれることになっています。
月に8回までと国の指針によって決められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。



クリニックにおける看護師の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、離職する看護師が多い理由のひとつだと思われます。クリニックに来ると毎日、どんどん患者の方がくるので、未経験の看護師はいつも忙しい様子です。

手際よくこなしていたり、大きな声で名前を呼んだり、患者の方に説明したりと、しっかりしていないと、こなせない非常に大変な職業だと思います。ただし、その分、とてもやりがいがある職業だと思いました。どういった会社でも残業をすればきちんと残業代が出るのは常識です。



ですが、未経験の看護師の場合、その状況によっては、残業代が十分に出ないことがあります。



とりわけ、転職をしたばかりで新しい医療現場に慣れていない場合には、残業申請を出しづらい雰囲気があるものです。
看護師の労働の環境改善をするためにも、残業代がきちんと出るようにする必要があるのです。
介護士と看護師の仕事内容の最大の違いは、未経験の看護師であれば、お医者様の指示のもとに、いわゆる医療行為ができることでしょう。



注射や点滴、投薬などの医療行為は、看護師だけが可能なのです。大変ですし、ストレスも多い仕事ですが、自負を持ち、この職業しかないと思う未経験の看護師が多数存在するのは、揺るぎない責任感や使命感があるためと言えるかもしれません。

未経験の看護師は今も人手不足です。

この人手の不足を解消するには、かつて未経験の看護師の資格を取っていながら今は看護の職業に就いていない人に、再度、看護師として働いてもらうことが良いと感じます。そのためには、柔軟な働き方が出来るように、すぐにでも、医療機関が直すべきところは直していくことが大事でしょう。


友達に未経験の看護師をしている人がいるのですが、まあまあ給料が高いと羨ましいといわれているようです。

ただし、看護師の業務は、夜間勤務もあって、規則正しい暮らしを送りづらく、職場の環境は、女性多数で特殊ですから、ストレスや悩みは日常茶飯事といわれています。
そんなことを考えると給料が高いのは、当然のことかもしれません。外来での看護師のお仕事は、病院に、訪れたことがある人なら知っているように、注射や点滴、問診、血圧を測ったり、医師の指示のもと患者さんに処置をします。
他にも、検査や手術の移送も未経験の看護師の行う仕事となります。


未経験の看護師は患者と接している時間も長く、ケガや病気の治療だけでなく精神面でも気を配ってあげる必要があるでしょう。

未経験の看護師が上手に転職をやり遂

未経験の看護師が上手に転職をやり遂げるには、未来の自分のことを考えて早い時期に行動することが必要です。



それだけでなく、何がポイントであるかを決定的にしておいた方がいいでしょう。近い未来どうなりたいのかをハッキリとして、その将来設計に合った転職先の情報を多少なりとも集めておいてください。

年収、クリニック環境、勤務形態など、自分には絶対必要な条件も念頭に置いておきましょう。

よく業界用語ってありますよね。



仕事をスムーズに進めるためとかの訳でその職にしか使えない言葉が使われています。



医療の現場で働く方でも同じようにその職独特の言葉が使われているのです。例えば、心マは心臓に刺激を与える、ギネというのは婦人科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、数多くの業界のみの言葉を使うのです。未経験のナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、具体的には1月、6月がオススメです。実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、ジョブチェンジには3ヶ月くらい時間をかけて、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。緊急でクリニックを変わらなければならない情況でなければ、転職情報が多くなる時まで控えるのがよいでしょう。


どうがんばっても、準看護師は手術室に入ることが不可能ですから、もっと高度な専門部署に配属を希望する際はとても不利だといえます。
このように、準看護師、正未経験の看護師を比較した時には、勉強時間や試験内容なども違ってきますが、この先、未経験の看護師を目指すつもりであれば、正未経験の看護師という考えが普通に浸透しているみたいですね。



未経験の看護師と準未経験の看護師の最大の違いは資格があるかないかです。



正看護師は、国家試験で受からないと、正未経験の看護師にはなれません。しかし、準看護師になるためには、国家試験ではなくて、各都道府県の知事によって、交付される資格です。

未経験の看護師の立場から正未経験の看護師に対し、指示するということは不可能で、どんなに優秀でも、未経験の看護師長などの役職を与えられたり、指導的な立場に立つこともできません。
我が国の未経験の看護師の年収は平均437万円くらいです。

しかし、国立、私立、県立などの公立病院に従事する未経験の看護師は、公務員として仕事に携わっているため、平均年収は約593万円になります。

公務員未経験の看護師は給料の上がる率も民間クリニックと比べてみると高く、福利厚生もきちんとしています。準未経験の看護師の待遇をみてみると、未経験の看護師と比べて平均年収が70万円くらい低いです。なんで未経験のナースはたくさん動くのでしょうか。仕事場がオフィスの人と並べると動き回る量が多くなります。



患者さんをストレッチャーや車椅子で移動させたり、未経験のナースコールが鳴れば、すぐに病室にダッシュしたりするからでしょう。
ナースには精神的なストレスになることがたくさんあるものです。

ナースという職業は仕事量が多いこともあって、対人関係にも疲れてしまうことが少なくありません。


高給であっても、それだけ、たくさん悩んでしまう仕事となっているため、辞める人が多いクリニックもあります。
訪問看護ステーション 看護師

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 未経験のナースにオススメの職場は? All rights reserved.